お探しの情報はなんですか?

省エネ改修住宅に対する減額措置

省エネ改修された住宅(賃貸住宅を除く)で、一定の要件にあてはまる場合は、改修工事が完了した年の翌年度分の固定資産税が3分の1に減額されます。

改修住宅

平成20年1月1日以前からある家屋

改修内容

平成20年4月1日から令和2年3月31日までの間に行った次の改修工事で、省エネ基準に新たに適合することとなるもの(aを含めた工事であることを必須とする)

  1. 窓の改修工事
  2. 床、天井、壁(外気等と接するものの工事に限る)の断熱工事

※窓の改修工事をしない断熱工事は、適用外

減額要件

  1. 改修工事に要した費用の額が50万円以上であること
  2.  改修工事後3か月以内に申告すること

減額される範囲

当該住宅の床面積の120㎡までの部分

減額のための必要書類

  1. 住宅の省エネ改修に伴う固定資産税の減額申告書
  2.  省エネ改修工事が行われたことを証する書類
  • 改修工事に要した費用の領収書
  • 建築士、指定確認検査機関、登録性能確認機関による証明書

このページに関するお問い合わせ窓口

庁舎のごあんない

宇多津町 税務課
電話:0877-49-8004
所在地:〒769-0292 香川県綾歌郡宇多津町1881番地 宇多津町役場本館2階
ホームページから問い合わせる